妊娠中だけどピューレパールは使用可能?

ピューレパールはワキなどの黒ずみ対策アイテムとして、現在とても注目を集めている商品です。
そんなピューレパールですが、どんな方でも使用することはできるのでしょうか?
特に気になるのは、妊娠中や授乳中、産後といったデリケートな時期の使用についてです。

 

今回は、このようなデリケート期に使用することはできるのか?という点を掘り下げていきたいと思います。

 

 

◆妊娠中◆
妊娠中は、恐らくママさんたちが一番デリケートになりやすい時期かと思います。
ホルモンバランスは乱れますし、今までに体験したことのない経験をするわけですから、不安もひとしおです。
妊娠中のピューレパールの使用については、公式サイトのQ&Aにも掲載されていました。
公式サイトによれば、デリケートな時期であるため、お肌の状態が不安定になっているとのことで、この場合は、かかりつけのお医者さんに相談をするよう促されていました。

 

妊娠中は、少しのストレスも赤ちゃんへの負担になりかねませんので、悩みは解決しておきたいところですが、ここは慎重にいくようにしてくださいね。

 

 

◆産後◆
産後は、授乳というお仕事が待っています。
しかも、産後というのは妊娠時期の延長線といっても過言ではありません。
そのため、最低でも産後から半年はピューレパールは使用しない方がいいかと思います。
どんなに低刺激なものを使用しても、肌荒れが起こりやすいこの時期は肌荒れなどが起こりかねません。
確実に安心して使用することが出来る時期をしっかりと狙って使用することをお勧めします。

 

 

◆授乳中◆
授乳中は産後とかぶっている時期がありますね。
授乳に関しては、人それぞれであるため、授乳中が使用を控えた方がいいというものはなく、あくまで産後半年は控えた方がいいという解釈をしておくと間違いないでしょう。
ちなみに、私の母は授乳に8ヶ月を費やしたそうです。
参考までにご紹介しておきます。

 

 

このように、妊娠中、産後、授乳中の3パターンに分けて調べてみましたが、どの時期もとにかく肌が荒れやすいんです!
そのため、どんなにお肌に優しいピューレパールでも、どの時期も使用は控えることが一番のようです。

 

この時期が過ぎましたら、ピューレパールは通常通り使用しても問題ありませんので、気になる黒ずみに優しく塗りこみましょう。

 

なお、ピューレパールはワキの黒ずみだけではなく、膝・ひじ・ビキニラインなど衣類との摩擦が多い部位の黒ずみに効果が期待できるので、ぜひそちらにも使用してみてください。

 

ピューレパールは持ち運びをするにも、かわいいパッケージとなっているので、何のケアをするためのアイテムなのかというのがバレにくいです。
ただ、周りでも使用している方がいればバレてしまいますが(笑)

 

ピューレパールの妊娠中などの使用については以上となります。
ピューレパールの詳細がもっと知りたいという方は、ぜひピューレパールの公式サイトを覗いてみてください。

 

⇒ピューレパールの公式サイトはこちら

関連ページ

ピューレパールは市販で買えない?!
ピューレパールの市販での取り扱いについて調べてみました。ピューレパールはどうやら市販では購入することができないようで・・・?
効果なしという口コミはなぜ出現するのか?
ピューレパールの口コミ調査をしていると見かける「効果なし」の文字。果たしてピューレパールは本当に効果なしなのでしょうか?
ピューレパールはちくびにも使える?
ピューレパールでちくびの色も改善することが出来る?!ピューレパールが出来るちくびに対する限界を調べてみました。
どのような成分が配合されているのか徹底調査!
ピューレパールにはどのような成分が配合されているのでしょうか?ピューレパールに配合されるお肌に優しい成分をチェックしてみました。
効果について調べてみました
ピューレパールを使用すると主にどのような効果が期待できるのか?ピューレパールで得られる効果についてまとめてみました。
アットベリーと比較してみました
ピューレパールとアットベリーを比較してみました。ピューレパールとアットベリーそれぞれの特徴をとくとご覧ください!
イビサクリームと比較してみました
ピューレパールとイビサクリームを比較してみました。ピューレパールとイビサクリームの違いとは何なのか調べてみました。
顔に使用するのは危ない?
ピューレパールは顔に使用するのは危ないのか?ピューレパールの顔への使用についてご紹介します。