アットベリーとのちがいは?

現在は、ピューレパールの類似商品が多数販売されています。
どの商品を使用したらいいのかわからないという方は、恐らく、比較を見てみたいのではないでしょうか?
今回は、ピューレパールに引けを取らない人気商品、アットベリーと比較をしてみましたので、参考までにご覧ください。

 

 

◆ピューレパールの特徴◆
ピューレパールの特徴としては、保湿と美白に特化していることです。
美白と保湿を促すことで、黒ずみの解消だけではなく、ブツブツなどの解消もすることが出来るのが特徴です。
こういった特徴から、ワキの黒ずみだけではなく、二の腕、太もも、デコルテ、Vライン、背中、ひざ、踝、ひじなどの部位にも効果が期待できます。

 

◎どんな人に向いているのか◎
ピューレパールは、上記では記載しませんでしたが、実は誰にも言えないちくびなどにも使用することが出来ます。
そのため、黒ずみの悩みが多い方にお勧めの商品となっているようです。

 

 

◆アットベリーの特徴◆
アットベリーの特徴としては、保湿と美白ももちろんなのですが、ニオイを解消してくれるのがポイントです。
配合されている成分は正直、ピューレパールとあまり違いはありません。
だったら、ニオイを解消する成分って一体何なの?!ということになりますよね。
それが、桑エキスです。
桑エキスには、抗菌作用があり、汗などで蒸れやすいワキの下の雑菌を減少させてくれる働きがあります。
アットベリーも全身に使用することは可能ですが、ニオイの気になる部分に使用している方も多いようです。

 

◎どんな人に向いているのか◎
アットベリーの特徴の中でもご紹介しましたが、アットベリーはニオイを解消してくれる働きがあります。
そのため、黒ずみやブツブツといった悩みだけではなく、ニオイも同時に解消したい!という方にお勧めの商品となっています。

 

 

◆結論◆
今回はピューレパールとアットベリーを比較してみましたが、大きな違いというのはニオイを解消する作用があるのかないのかという違いでした。
ニオイというのは、周りの方が分かりやすく、指摘されないと気づかないことも多いかもしれませんが、ニオイが気になっている方はアットベリーを、ニオイは特に気になっていないから、とにかく黒ずみなどを解消したいという方はピューレパールを使用するといいようです。

 

ちなみに、私の場合は汗は沢山かくのですが、ニオイのある汗ではないため、ピューレパールで落ち着いています。
ワキの毛の処理というのは、どうやってもワキに刺激を与えることになるようなので、ピューレパールやアットベリーのような商品は欠かせないようです。

 

日常の中で+αでできることがあるのであれば、自分で進んでそれを行うことで、より効果を実感しやすくなるかもしれません。
私は、今までご紹介してきましたが、お風呂で使用するタオルを綿にしました。
使用するボディソープも、ボディソープはやめて、固形せっけんを使用するようにしています。

 

皆さんもぜひ、キレイなお肌を目指しましょう!

 

⇒ピューレパールの公式サイトはこちら

 

⇒アットベリーの公式サイトはこちら

関連ページ

ピューレパールは市販で買えない?!
ピューレパールの市販での取り扱いについて調べてみました。ピューレパールはどうやら市販では購入することができないようで・・・?
効果なしという口コミはなぜ出現するのか?
ピューレパールの口コミ調査をしていると見かける「効果なし」の文字。果たしてピューレパールは本当に効果なしなのでしょうか?
ピューレパールはちくびにも使える?
ピューレパールでちくびの色も改善することが出来る?!ピューレパールが出来るちくびに対する限界を調べてみました。
どのような成分が配合されているのか徹底調査!
ピューレパールにはどのような成分が配合されているのでしょうか?ピューレパールに配合されるお肌に優しい成分をチェックしてみました。
効果について調べてみました
ピューレパールを使用すると主にどのような効果が期待できるのか?ピューレパールで得られる効果についてまとめてみました。
ピューレパールは妊娠中での使用可能?
ピューレパールは妊娠中も使用できる?ピューレパールのような商品は妊娠中こそ使用したくなるものですが、実際はどうなのでしょうか?
イビサクリームと比較してみました
ピューレパールとイビサクリームを比較してみました。ピューレパールとイビサクリームの違いとは何なのか調べてみました。
顔に使用するのは危ない?
ピューレパールは顔に使用するのは危ないのか?ピューレパールの顔への使用についてご紹介します。